スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
江尻投手
キャンプ開始早々に嬉しいニュースです。江尻慎太郎投手にお子さんが誕生しました。
女の子だそうです。キャンプの休みに会いに行くようです。
江尻投手がブログを立ち上げました。かなり更新頻度は多いですね。
今年はお子さんも産まれて一年間1軍は最低ノルマになるでしょう。

頑張れ!!江尻そしておめでとう!!  江尻投手のブログはこちら


↓一票お願いします↓

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
2007/02/02(Fri) | F戦士 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
キャンプ
キャンプのメンバーが決定。くわしくはこちらを参照してください。
おおよそ予想通りのメンバーですね。武田久は志願の2軍スタート。
ポスト小笠原候補の小田も2軍スタート。開幕には間に合わせてほしいです。
1軍では新人の宮本、糸数、金子洋が1軍スタート。
実績があまりない菊地、中村、金森、今成、尾崎、陽、糸井が1軍スタート。
このチャンスをモノに出来るか注目。
正田が2軍スタートですか...  貴重な左腕なので復活を期待したいです。

あとは中村ノリの件ですが個人的には獲得は反対です。マイナス面はあってもプラスになることは何もないと思います。

戦力的には3割超えと2割9分超が1回ずつ。長打力はあるが三振も多い。
兄貴分というより先輩面する性格で前川などが一番弟子のような存在だったとのこと。
近鉄が消滅した時に4年契約の2年目を終えた時点だったので残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要求する。
今回のオリックス退団などお金に関する問題もある。

獲得するべきかどうか意見を聞かせてください。

↓一票お願いします↓

FC2ブログランキング

2007/01/28(Sun) | F戦士 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
糸数ようやく入団
亜細亜大学の糸数の入団発表が行われました。契約金7500万円、年俸1500万円。
開幕1軍も狙える逸材ではないでしょうか。
後は活躍に期待です。彼は高校入学時には「10年に1人の逸材」と言われたそうですが左打者相手だと制球がアバウトになるのが課題。
それと沖縄出身なのでキャンプで人気が上がるかもしれません。

ちなみに今年のドラフトはファイターズに多い駒沢大の獲得が無かったですね。

↓一票お願いします↓



2006/12/25(Mon) | F戦士 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
入団・入閣
新外国人アンディ・グリーン内野手(前ダイヤモンドバックス)とブライアン・スウィーニー投手(前パドレス)の入団が決まった。
グリーンは一塁手か三塁手として期待されているようだ。
スウィーニーは今シーズン中継ぎでの起用だったそうだが日本では先発をさせるようだ。
さらに元・楽天のライアン・グリンの入団も決定的とのこと。あの楽天の中にいて安定したピッチングが出来るのが心強いと思います。

坪井選手がファイターズと再契約するという情報もある。ぜひ実現してほしい。年俸の大幅ダウンは避けられないと思うが来年も札幌ドームで「♪PL~青学~東芝~阪神!!坪井~」を合唱したいんです。坪井は打撃センスがあるのだから(反面肩が弱い)一塁手に転向させてみるのはどうだろうか?

1軍にデーブ・オーウェンという人がコーチ補佐として入閣するとのこと。
ヒルマン監督と同じテキサス州の出身でテキサス大の先輩にあたる人物とのこと。
母国語で話せる相手がいればヒルマン監督にとってもいい環境になるだろう。

二軍に野村収投手コーチと水上善雄内野守備コーチの入閣も決定。
野村コーチは現役時代大洋、ロッテ、日本ハム、大洋、阪神と渡り歩いた。
プロ野球史上初の12球団から勝利した投手でもある。

水上コーチは現役時代ロッテ、広島、ダイエーで活躍。ロッテ時代の1980年代後半には長髪にしていた(当時プロ野球選手の長髪は珍しかった)。
コーチは初めてなので手腕は未知数。

来年からファイターズのユニフォームを着る人たちには頑張ってもらいたいです。
2006/12/14(Thu) | F戦士 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
来シーズンの投手陣の予想
不安があるのは中継ぎ左腕

今年試合に出た左投手のうち岡島トーマス退団
今年出場がなかった左投手でも吉崎佐々木退団

残った左投手は須永、清水、正田、八木、武田勝、中村
新人では吉川、宮本、山本が左投手
八木武田勝は先発が確定していると思うので誰が中継ぎでいくのかもかなり注目。
本命は清水。だが正田は来年はもう後がない状態ということで巻き返す可能性があるし中継ぎへの転向もあるのでは?
須永もプロ初勝利という大きな目標を持っているはずだが先発の壁が高いので中継ぎでの活躍を目指してもいいのではないか。 
新人の宮本の存在もいい刺激になるのではないでしょうか。

先発はどうなる?

ダルビッシュ、八木、金村、武田勝は確定だと思いますが、他にも
橋本、鎌倉の先発経験者に加えて木下、須永、正田。新人の宮本、糸数
そして建山の先発転向、更に現在パドレスのブライアン・スウィーニー投手の獲得も目指しているとのこと。
先発争いも激しそうですね。

中継ぎ・リリーフ右腕は?

セットアッパー武田久抑えマイケルは今年どおり。
それ以外の中継ぎは今年活躍した伊藤、押本
ヒルマン監督曰く短いイニングの適正がある江尻
今年先発だった立石もマメが出来やすいので中継ぎで思いっきり起用してほしい。

以上勝手な予想でした。
2006/12/01(Fri) | F戦士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。